首都直下型地震報道について

首都直下型地震報道についてどうもミスリードな感じがあるのでまとめた。ツイッターの内容とほぼ同じ。

今後4年以内にマグニチュード7クラスの首都直下型地震が、約70%の確率で発生するという試算報道に対して元ネタが東大地震研から公開された。不満があったのか以下の文章がある。「報道関係の方へ:関連する内容を掲載の場合は,個々人の取れる地震対策にも触れてください。」http://outreach.eri.u-tokyo.ac.jp/eqvolc/201103_tohoku/shutoseis/

元々30年以内に70%の地震なので,体感的にはどちらにしろいつ起きてもおかしくない地震である。元のHPにも,日本であれば,首都圏に限らず,どこであってもM7程度の地震が起きることが考えられます,と書いてある。マスコミは書かないけど。

ちなみに上記の確率も,1885年以降のM7クラスの地震と,最近の小地震の発生頻度からG-R式で算定した値なのであくまで経験則というか参考値である。なんで今更公表するのかと思ったが,文章を読むと注意喚起みたいな意図らしい。しかし結果的に不安を煽っただけのような印象である。

報道の首都圏直下M7クラスの地震は1885年以降5回発生している。そうすると発生頻度は約25年,直近は1987年だから経験上はいつ起きてもおかしくないとなる。ただし首都圏で5回といっても東京湾が1回であとは茨城2回と千葉と浦賀水道。想定範囲も広い。こう書くと印象が変わるだろう。

また,報道の首都圏直下地震というのは深さ30-80kmのプレート間・内地震なので,阪神大震災のような浅い内陸地殻内地震とは別物。先日のプレート内を伝わる波の話もあるので一概には言えないが,深さ10kmと30kmでは揺れはそれなりに違う。過去の5地震でも死者は31人が最大であとは一桁。

なお,浅い内陸地殻内地震もM7クラスはどこで起きてもおかしくはない。ただし今回報道されている地震とは発生確率のオーダーが違う。最近では中越・能登半島・中越沖・岩手宮城等良く起きているので発生確率もあてにならないものだが,地震研はこの辺も念頭に置いて書いていると思われる。

あと念のために書くと,M8クラスの関東大震災は別扱いである。測地学的データや元禄地震との関係から,概ね200-400年間隔とされているので1923年からカウントすると,しばらくは起きないということになる。また1885年以前の地震では安政江戸地震の死者が4桁と多いが深さに諸説ある。

以上の点を踏まえて2chのまとめサイトを見れば違う視点から楽しめるだろう。3.11の地震もあり,突き詰めると地震はわからないというのが結論なのだが,ある程度情報をもって恐れた方がよいと思う。M7級の地震を想定する必要はあるが,今回の報道のみで過剰におびえる必要性は全くない。

# by beam-column-joint | 2012-01-25 22:20 | seismo  

インド(その4)

引き続き観光。
世界遺産のフユマーン廟。
つまりフユマーンさんのお墓。
ガイドが詳しく説明してくれたがその辺は省略だ。
d0049137_19581243.jpg

d0049137_19593560.jpg
d0049137_200159.jpg


タージマハルに似ていると思われるが,
実際タージマハルのモデルである。
タージマハルとは違いこの周辺の岩を使用しているので
赤と白のコントラストが美しい。
行った時は結構テンションがあがったものである。

しかし写真で見るとどうもピンとこないというか・・・
あれっ?こんな感じだっけ?というのが率直な感想。
地球の歩き方の写真を見てもいまいちなのである。
(ゆえに実際に行くとおもったよりいいじゃん!となる)

勝手な想像だが・・・
これがインドに魅せられる人がいるという理由なのではなかろうか。
行ってみないと良さが実感できないんだよ!とか日本で語る内に,
また行ってその良さを確認したくなってしまう・・・
それがインドのもつパワー・・・
なのかもしれない。

個人的にもう行く気ないから知らないけど。

# by beam-column-joint | 2011-12-25 20:09 | travel  

インド(その3)

そろそろ観光について。なんで観光から書かないのか一応理由もあるのだがそれはそのうち。

観光は最終日にチェックアウト~飛行機まで時間があったので,
入国した日に送迎してもらった現地の観光ガイドにセットしてもらった。
日本で事前に手配して現地で+αという形なので安心だったが,
現地でいきなりガイドを手配するといろいろトラブルになるらしいので注意が必要。

午前中はオールドデリー市内を観光。
観光地というよりインドの日常みたいなものを見せるという
コンセプトでリクシャーという人力車に乗って,
インドの浅草といわれるチャンドニー・チョウク周辺をまわる。
これがリクシャー。ここに三人乗るんだぜ。
d0049137_20135419.jpg

ちなみにオートリクシャーというちっさいタクシーみたいなのもいる。(後ろのやつ)
インドの道路ではこれに車を入れた三種類がクラクションの嵐とセットで入り乱れている。

さてリクシャーからみるオールドデリー中心部はこんな感じ。
d0049137_20205567.jpg

d0049137_20214292.jpg
d0049137_20222740.jpg

d0049137_20243251.jpg

どこまで細いとこ行くんだ・・・
とは思ったがこれはなかなか楽しい。
これぞインドと思う反面,日本のどっかの商店街っぽい雰囲気もある。

ちなみにすれ違いはぎりぎり。実際乗ってたときに車と接触した。
しかし若干時間がとまったあとなにごともなく車は走り出した。
これがインド人の感覚なのか。。。

ただ車より犬とすれ違うときのほうが怖い。
かまれたら狂犬病と思いつつも逃げようがない。

ということで大通りにでた。
d0049137_20281739.jpg

これが浅草らしい。浅草・・・か?と思って聞いていたみたら
卸のお店が多く一般人が買う店がないので浅草といっていた。

それ浅草橋じゃねえか!

d0049137_20343898.jpg

d0049137_2032992.jpg
d0049137_20323639.jpg

しかし走っているとイスラム教,スィク教、ヒンドゥー教,キリスト教とまあ随分近い距離に色々な宗教施設が密集していることに気づく。まあ普段はなにもないだろうが,緊張感みたいなものはないんだろうか。他の観光地では過去の宗教間の争いのあとが見られるが,それはまた別の記事で。

# by beam-column-joint | 2011-12-10 20:16 | travel  

インド(その2)

今回はホテルについて。なぜか寝不足なので適当に。。。

今回利用したのはメトロポリタンホテル ニューデリー。
元日航ホテルである。ただし現在まともに日本語を話せるスタッフはいない。

部屋から。その1.
d0049137_1949459.jpg

部屋から。その2. ここで泳ぐか。。。
d0049137_19502213.jpg

部屋。人形が若干怖め。。
d0049137_19505637.jpg

写真からわかるかどうかわからないが、
高級ホテルに分類される。
ツアーなのでわからないが通常料金は一万五千円くらいだろうか。

インドのホテル料金はそれこそ千円くらいからあるが,
いくつかの理由から仕事では高級ホテルに分類されるホテルを
利用したほうがいいように思う。
たとえば,今回泊まったホテルは以下の特徴がある。

 ・シャワーがある。部屋によっては湯船もあるらしい。
 ・トイレットペーパーがある。
 ・ミネラルウォーターが買える。一日一本サービス。
 ・食事で果物やサラダを食べても大丈夫。

どれも当たり前のように思えるがインドではいずれも常識ではない。
トイレは現地人は水と手で洗うのが普通だし、
生水をふくむサラダなんかは日本人は確実に下痢する。
ある程度高級な外国人向けのホテルでは
一度沸かした水で調理するので大丈夫のようである。
しかしこれも試すのに何日か躊躇したほどである。

治安や安全の面でもタクシーで帰るたびに
危険物と爆発物チェックがある。
いささかこれは面倒くさいが。
しかし,もっと高級ホテルでは銃をもった軍人もいたので
それに比べれば落ちつくといった印象がある。

ただコスパとしてはやや高めかなと思う。
ネットするにもそれなりのお金をとられるし,
水とか食事は日本の物価と変わらない。
日本料理屋があるのが強みだが,
インド料理のお店のほうがおいしいかった。
サービスも人によりけり。いいひとはすごくいいひと。

ちなみに部屋から外を見ると緑も多くてきれいな印象をもたれるかもしれない。
しかしそんなことはないし,露骨によそ者とわかるのでなにかと絡まれる。
1区画も大きいので徒歩での外出はあまりおすすめできない。
そういう意味では観光ならオールドデリーに泊まるほうがいいのかも。

ということで仕事から帰るとまったくやることがないので
インド式?エステにいったりしていた。
油をおでこにたらされてマッサージ。
気持ちいいし少し安めだけどこれもあえてインドでやらなくても
いいんじゃないかな~という印象。
シオダラ?とかいうコースで3時間弱8千円くらい。

d0049137_205317.jpg

# by beam-column-joint | 2011-12-04 20:10 | travel  

インド(その1)

さてインド出張について書いていこうと思う。
具体的には首都デリーに5日ほど滞在した。

出張ということなので当然仕事である。
正直,あんまり観光はしていない。
200kmほど離れたタージ・マハルにも行っていない。
(インドの200kmはかなり時間かかるので近いとは言い難いのだが。)

さてなにから書こうか。
結論から言えば,一度は行ってよかったと思っているが,
もう行きたくないというのが本音である。
特にデリーはもういい。

まあそんな印象なのでネガティブなどうでもいいことから
書こうと思う。それはタクシーである。

まず地球の歩き方にはこう書かれている。

『メーターは付いているものの使いたがらなかったり,
 壊れていると主張するドライバーもいる。
 メーターを使ってくれるドライバーが見つかるまでねばるか,
 初めに料金交渉をしてから乗るようにしたい。』


なるほどなるほど。では言わせていただこう。

無理!

まずメーター率は非常に低いしたしかに使う気はない。
唯一こいつは信用できると判断して電話番号まで
おさえたドライバーですらメーターはない。
まあしかしホテルから出るタクシーは毎回同じ料金だったし,
大体の相場観はあるようなのだ。日本に比べれば安いし
メーター使わないのはいいだろう。

ただし,ここで言っているタクシーというのは
下に示すような黄色と黒のやつだけ。
d0049137_22295733.jpg


困るのは白いタクシーなんだがよくわからんやつ。
他の日本人で白タクだから高級ですよ~とか言っている奴いたけど,
そうなのか?本当かどうか知らんが2倍くらい高い。
実際,高けえよっっていったらインド映画に出てそうなデブ(運転手)が
 『Big car! Big car!』
って中学英語連発してきてすげえ腹がたった。
顔がむかつくってのもあるけど。

だがそれでも日本の金額と同じくらいだからまあいい。
しかし,この手のドライバーはやたら自分の友達のところに
ショッピングに連れていこうとする。
拒否しつづけていれば実際には連れて行かれることはないが,
普通の日本人観光客とか危ないぞ。
あとやたら
『You are my friend. You are my friend. 』
とか連発してくるのがうざい。死ねデブ。

あと地球の歩き方の値段交渉だが,
実際には車に乗ると値段が変わるので無意味。
200ルピーが200ダラーとかなる。
さすがにそれほジョークと割り切ったものの
2.5倍のお値段に。しかもそのときの運転手は
シク教ってターバンまいてる肉食派なのでかなり怖かった。

まあこれはタクシーに乗ってるのが
ニューデリーというビジネス用の新市街というのが一因だろう。
つまり海外からのそれなりに金を持った人しかいないと
わかるような場所で,そこで値段をふっかけたとしても,
大丈夫ということを,現地のドライバーは知っているわけだ。
実際ふっかけられても,日本のタクシーと同じくらいの金額だ。
別にこちらは痛くもない。
(しかし領収書くれない奴は困る。死刑だ。)

しかし,それだけ海外への窓口となる場所で
やりたい放題やらせていいのかと思うわけ。
たいしたことじゃないのに正直これだけでもインド人の印象は悪い。
まあ日本人が全体的にお人よしなんだろうけどね。

あ。ここまでの話と関係ないけど,
冷房使いたがらないので窓開けて走るんだけど、
空気悪いので数km走ったら髪ぼさぼさになる。
おかげですごい髪のびた。明日切るから思い出した。

# by beam-column-joint | 2011-11-26 22:23 | travel  

めまい

ひさしぶりにログインしたこのページ。
先日仕事でインドに行ったのでそろそろ更新するかと
思い立った次第である。

しかしその前にここ数ヶ月めまいと耳鳴りに悩まされているので
少し書いておこうと思う。

最初にめまいが出たのは9月上旬。
部屋で立ち上がろうとしたら目がぐるぐる回って
立てなくなってしまった。

これは怖いと思いネットサーフィンしたところ,
自己診断では頭位めまい症という結論が出た。
これは耳の中の石の位置がおかしくなるような
感じで体のバランスがとれなくなるというものである。
となると寝てばかりいるのもよくないので
翌日散歩していたら,歩いていると途中で目が回ってダウン。

しょうがないので耳鼻科に行くことにした。
めまいは脳を連想させるが実際には耳が原因のことが多いらしい。
ただ頭痛を伴う場合には脳神経外科等から行ったほうがいいとのこと。

でまあ調べてみると低音部の聴力が低下しているということで
内耳に原因がありそうである。しかし医者がいい加減な感じなので
とりあえず休めみたいなアドバイス&薬。

たしかに薬でめまいが出なくなったが
一ヵ月後にまた発症。そこでも,
ストレスを無くして、おいしいものでも食べてとかいう
なんの役にも立たないアドバイスを頂戴する。

そんなんできたら苦労せんわ。

その後症状が悪化したため病院を変更。
そこではいろいろ見てくれて念のため
脳のMRIもとってくれた。

その結果やはり耳が原因なのは間違いないと断定。
頭位めまい症という当初の自己診断結果か、
なんか長い病名。つまり聴力低下をどう見るか
で病名が変わるのである。

そもそも聞いてみると
『めまいというのはよくわかっていない病気』らしい。
正直に言ってもらえると個人的には安心である。
論文だってなんでもかんでもわかったように書いている奴は信用できない。

ただ,自立神経や体のバランスなど複数の要因が影響しているのは
間違いなさそうなので,根本から治すとなるとそういった
取り組みが必要そう。現時点でも耳鳴りは継続中で
たまにめまいも出る。(もう慣れつつあるが)

まあそんなわけで健康とは言えないからだになってしまったわけだが,
今後の生き方を考えるいい機会ではある。
元々隠者の生活にあこがれているし
自分の人生は6年で環境が変わっているので
そろそろ節目なのかもしれない。

# by beam-column-joint | 2011-11-23 16:17 | diary