<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

インド(その4)

引き続き観光。
世界遺産のフユマーン廟。
つまりフユマーンさんのお墓。
ガイドが詳しく説明してくれたがその辺は省略だ。
d0049137_19581243.jpg

d0049137_19593560.jpg
d0049137_200159.jpg


タージマハルに似ていると思われるが,
実際タージマハルのモデルである。
タージマハルとは違いこの周辺の岩を使用しているので
赤と白のコントラストが美しい。
行った時は結構テンションがあがったものである。

しかし写真で見るとどうもピンとこないというか・・・
あれっ?こんな感じだっけ?というのが率直な感想。
地球の歩き方の写真を見てもいまいちなのである。
(ゆえに実際に行くとおもったよりいいじゃん!となる)

勝手な想像だが・・・
これがインドに魅せられる人がいるという理由なのではなかろうか。
行ってみないと良さが実感できないんだよ!とか日本で語る内に,
また行ってその良さを確認したくなってしまう・・・
それがインドのもつパワー・・・
なのかもしれない。

個人的にもう行く気ないから知らないけど。

by beam-column-joint | 2011-12-25 20:09 | travel  

インド(その3)

そろそろ観光について。なんで観光から書かないのか一応理由もあるのだがそれはそのうち。

観光は最終日にチェックアウト~飛行機まで時間があったので,
入国した日に送迎してもらった現地の観光ガイドにセットしてもらった。
日本で事前に手配して現地で+αという形なので安心だったが,
現地でいきなりガイドを手配するといろいろトラブルになるらしいので注意が必要。

午前中はオールドデリー市内を観光。
観光地というよりインドの日常みたいなものを見せるという
コンセプトでリクシャーという人力車に乗って,
インドの浅草といわれるチャンドニー・チョウク周辺をまわる。
これがリクシャー。ここに三人乗るんだぜ。
d0049137_20135419.jpg

ちなみにオートリクシャーというちっさいタクシーみたいなのもいる。(後ろのやつ)
インドの道路ではこれに車を入れた三種類がクラクションの嵐とセットで入り乱れている。

さてリクシャーからみるオールドデリー中心部はこんな感じ。
d0049137_20205567.jpg

d0049137_20214292.jpg
d0049137_20222740.jpg

d0049137_20243251.jpg

どこまで細いとこ行くんだ・・・
とは思ったがこれはなかなか楽しい。
これぞインドと思う反面,日本のどっかの商店街っぽい雰囲気もある。

ちなみにすれ違いはぎりぎり。実際乗ってたときに車と接触した。
しかし若干時間がとまったあとなにごともなく車は走り出した。
これがインド人の感覚なのか。。。

ただ車より犬とすれ違うときのほうが怖い。
かまれたら狂犬病と思いつつも逃げようがない。

ということで大通りにでた。
d0049137_20281739.jpg

これが浅草らしい。浅草・・・か?と思って聞いていたみたら
卸のお店が多く一般人が買う店がないので浅草といっていた。

それ浅草橋じゃねえか!

d0049137_20343898.jpg

d0049137_2032992.jpg
d0049137_20323639.jpg

しかし走っているとイスラム教,スィク教、ヒンドゥー教,キリスト教とまあ随分近い距離に色々な宗教施設が密集していることに気づく。まあ普段はなにもないだろうが,緊張感みたいなものはないんだろうか。他の観光地では過去の宗教間の争いのあとが見られるが,それはまた別の記事で。

by beam-column-joint | 2011-12-10 20:16 | travel  

インド(その2)

今回はホテルについて。なぜか寝不足なので適当に。。。

今回利用したのはメトロポリタンホテル ニューデリー。
元日航ホテルである。ただし現在まともに日本語を話せるスタッフはいない。

部屋から。その1.
d0049137_1949459.jpg

部屋から。その2. ここで泳ぐか。。。
d0049137_19502213.jpg

部屋。人形が若干怖め。。
d0049137_19505637.jpg

写真からわかるかどうかわからないが、
高級ホテルに分類される。
ツアーなのでわからないが通常料金は一万五千円くらいだろうか。

インドのホテル料金はそれこそ千円くらいからあるが,
いくつかの理由から仕事では高級ホテルに分類されるホテルを
利用したほうがいいように思う。
たとえば,今回泊まったホテルは以下の特徴がある。

 ・シャワーがある。部屋によっては湯船もあるらしい。
 ・トイレットペーパーがある。
 ・ミネラルウォーターが買える。一日一本サービス。
 ・食事で果物やサラダを食べても大丈夫。

どれも当たり前のように思えるがインドではいずれも常識ではない。
トイレは現地人は水と手で洗うのが普通だし、
生水をふくむサラダなんかは日本人は確実に下痢する。
ある程度高級な外国人向けのホテルでは
一度沸かした水で調理するので大丈夫のようである。
しかしこれも試すのに何日か躊躇したほどである。

治安や安全の面でもタクシーで帰るたびに
危険物と爆発物チェックがある。
いささかこれは面倒くさいが。
しかし,もっと高級ホテルでは銃をもった軍人もいたので
それに比べれば落ちつくといった印象がある。

ただコスパとしてはやや高めかなと思う。
ネットするにもそれなりのお金をとられるし,
水とか食事は日本の物価と変わらない。
日本料理屋があるのが強みだが,
インド料理のお店のほうがおいしいかった。
サービスも人によりけり。いいひとはすごくいいひと。

ちなみに部屋から外を見ると緑も多くてきれいな印象をもたれるかもしれない。
しかしそんなことはないし,露骨によそ者とわかるのでなにかと絡まれる。
1区画も大きいので徒歩での外出はあまりおすすめできない。
そういう意味では観光ならオールドデリーに泊まるほうがいいのかも。

ということで仕事から帰るとまったくやることがないので
インド式?エステにいったりしていた。
油をおでこにたらされてマッサージ。
気持ちいいし少し安めだけどこれもあえてインドでやらなくても
いいんじゃないかな~という印象。
シオダラ?とかいうコースで3時間弱8千円くらい。

d0049137_205317.jpg

by beam-column-joint | 2011-12-04 20:10 | travel