<   2007年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

地 底 神 殿

地底神殿に行ってきた。

RPGにありそうなダンジョンだが,正式には首都圏外郭放水路という。

まるでパルテノン神殿のようなので地底神殿と呼ぶらしい。

d0049137_23354151.jpg


なお詳細は下記公式HP。
ttp://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/works/saigai/sonae/gaikaku/frame_index.html

でかい(高さは15m程度)。地底神殿とかたいそうな名を付けるだけのことはある。
実は偏平な柱なので横から見るとちょっとあれだがたしかに神殿のようである。
ちなみに写真に写っているのは聖闘士ではなくただの案内人である。

なぜ地底にこのような施設があるかというと,洪水対策の一環なのである。
場所は庄和町という埼玉と千葉の近いところなのだが,このあたりは川が5本程度流れており,しかもお盆のような地形になっているので,つい最近まで洪水に悩まされてきた。そこで,国道16号の地下に水をためておく立杭をつくり,それをつないで外側に流れている江戸川に放水しようという施設なのである。その立杭とはこのようなものだ。
d0049137_2349391.jpg


これまたでかい。深さは60~70m程度。これが各川に対して1つあり,大雨の際にここに流れ込んだ水はさきほどの地底神殿に送られる。つまり神殿は送られてきた水の圧力を調整する調圧水槽なのである。当然足元はかなり濡れているし,奥の方には流れてきた水に含まれているゴミがたまっている。

瀬戸大橋の記事でもわかると思うが,でっかいもの(特にコンクリート)好きの私にはたまらん施設である。興奮のあまり小宇宙を燃やしすぎてオーロラエクスキューションをはなつ図。(細かくいうとカミユと氷河の戦いの際のオーロラエクスキューションを再現しております。しかし写真にしてみると自分が思ったポーズと乖離しすぎていてもっと練習してからやればよかったとおもうのであった。)
d0049137_23591753.jpg


ちなみに地上からみるとこのようになんの変哲もない運動場である。奥のまるいところが立杭。まさかこの地下に神殿があることは想像できない。
d0049137_033178.jpg


さて,このような理解できない人にはまったく理解できないであろうこの施設だが,見学料はタダである。なんとすばらしきことか。公式HPから予約できるので行きたい人はどーぞ。ちなみに私の夏はこれでもう終わりました。

by beam-column-joint | 2007-08-06 00:08 | architecture