<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

グッバイつくば

 モンスターハンター2(dos)やってたら、いつのまにやら2月もそろそろ終わり。しかも昨日ひさびさに電話がきたと思ったら、「なにやってんだひきこもり」みたいな感じで言われたのでそろそろブログを更新します。

 先週の金曜日は、ゲームやっていたい衝動をどうにか押さえ、つくばまで実験見学に。噂のつくばエクスプレスを使ってゴー。まあどうということもない電車でしたがね。
d0049137_11503083.jpg

 こちらがつくば駅前。あれ?うちより都会・・?い、板橋区だって負けてないんだから!
d0049137_11525166.jpg

でもってつくば駅前のバス。なんかノリノリらしいですよヘイヘヘーイ!
d0049137_11521283.jpg

 なんか意外に栄えてるな~とか思いつつ昼飯を食べて、建築研究所行きのバス停で10分位待つ。なんかバスこないな~とか思ってバス停見たら2時間分ぐらい空白なんですけど。うお~い!都会っぽいファサードにまんまとだまされちまったぜ!全然ノリノリじゃねーじゃね~か。あやうく凍死するとこだった(この日は極寒)。あ~都会っ子全開にしちゃったよ・・・と仕方が無いのでタクシー。しかもこれが2500円もかかった。んだよ自家用車ないと生きていけないじゃないか。アメリカかここは。

 さて、実験の詳細は改めて記事にする予定なのでおいといて、実験を見に行った建築研究所っていう場所はこんな感じですよっと。
d0049137_125499.jpg

でっ!けえ!ぬーりーかーべー。反力壁ってやつです。ここまで大きいのはなかなかないんじゃないですかね。

でまあ実験は2時間くらいで終わったんですが、帰りバス停行ったら目の前でバスが発車して行きましたよ。ありえねー。仕方ないんでつくば駅に行くことはあきらめて、近くを通ってる八重洲行きのバスに、ウェンディーズで1時間待って乗りましたが。これじゃあエクスプレスつくった意味ないんじゃないかと思った1日であった。そんなわけでグッバイつくばフォーエバー。もう行くことはないだろう。たぶん。 

by beam-column-joint | 2006-02-28 12:15 | architecture  

スターバックスの味の限界に挑戦する

私はスタバが苦手である。あのおしゃれな雰囲気、なにを頼んだらいいんですか?的なメニュー、そして独特の甘さ。そんな自分にぴったりの企画がDPZでやっていた。その名もスターバックスでどこまで長い名前を頼めるのか。それを見て以来、いつかは自分も注文してみたいと思っていたのだが、今日そんな機会が訪れた。

後輩(元スタバ)「先輩。スタバの株主優待券(要はタダ券)が3枚あるんですけど・・・」

きた。早速ルイーダの酒場でパーティを集め3人でスタバ田町店へ。

但し、同じことをやるのもあれなので、今回自分はホットでやることにした。DPZではアイス(フラペチーノ)なので味が安定したが、ホットではわからないとのことだったのでこちらを検証してみることにした。後輩はフラペチーノで同様の検討。即ち、今回の企画は、

 「スタバで限界までトッピングしたら味はどうなるのか?」

さすがに迷惑にならないよう、そこは最大限気をつかって、空いている時間帯、また待っている人ができないようにタイミングを見計らって入店する。まず優待券を見せ、こういうことをやってみたいんですけど・・・的なことを言い注文を開始する。
 ラテをベースに可能な限り、メニュー右下に書いてあるトッピングを連呼する。さすがに最後は
 「生クリームもですか? 」
という答えが返ってきた。無論それはこちらを気遣ってのこと。はい。御願いします。想像以上に、店員さんが優しく対応してくれてよかった。ただし、ビジネス街なのでこういうお馬鹿なことをしでかす輩は初めてらしく、店内は軽くパニック状態に。
 「ソイですか?」「ソイソイ」
 「モカソース!」「モカソース!」
 「ホイップ!」「ホイップ!」

・・・しばらくの間蛙の合唱状態であった。なんかやっぱり申し訳ない気になる。しかしそこはプロ。きっちりつくってくれた。是非とも見ていただきたい。こちらである。
d0049137_1612714.jpg

d0049137_1612204.jpg

(写真:おしゃれだけどなんかヘン!)

名前はレシートがもらえないので後輩の推定によるが
 左「ダブル(ショット)グランデソイキャラメルウィズホイップモカソースラテ」
 右「ベンティアドショットへーゼルナッツキャラメルエキストラホイップキャラメルソースモカソースランバチップチョコレートクリームフラペチーノ」

 やはりホットは思ったより名前は短くなる。というかコールはスペシャルで片付けられるので、名前を長くしても一般人は意味がないということがわかった。シロップをもう少し追加できたみたいだが、まあ今回は味勝負なのでこんなところだろう。充分馬鹿なのは間違いない。ちなみに値段は700円と900円くらいである。(無論今回はタダ。残り一つは普通のフラペ。)

ちなみに外でこの写真をとっていると、店長が笑顔で来て話し掛けてきた。話を聞くと味を知りたいらしい。意外に向こうも興味津々らしく、けっこう普段は退屈らしいので、中途半端にやるよりはよかったようだ。ちょっと救われたし、御礼は言えるだけ言っておいた。でその時は、
 「意外においしいです。」
って意外とか言っちゃたりしたのが悔やまれるが、正直その一言で表される。つまり思ったよりホット(特にラテなのがよかったと思われる)はいける。最初の方は生クリームと豆の味が強いが、中盤は良い具合で混ざり合って新しい飲み物として成立していた。但し、確実にコーヒーではないし、最後はチョコの味が強すぎる・・・とまあ層状になってしまうという問題はあるが、今回のラテは最後まで頂くことができた。(当然カロリー的にはオーバーだろうし最後はきつかったが。)ということできちんと混ぜれば成立する飲み物なんではなかろうか。

むしろ問題なのはDPZで取り上げていたフラペチーノでこれは正直いただけない。ちなみにテイクアウトしたのであの人ごみの中をもって帰ってきた。すごい羞恥プレイである。で食べてる時の写真がこちらだが、
d0049137_16274257.jpg

味をうまか棒的に表せば「豆味」であろう。特に上半分は豆の味しかしない。後半は甘さがでてくるが、その甘さがまたきつい。ということでフラペチーノの方が、このトッピングづくしに向いていないのではないかという結論である。

最後に
 個人的に一番びっくりしたのはスタバ田町店の店長の度量である。自分はスタバの店員は調子に乗っているという偏見があったので余計にびっくりした。笑いというかおバカなことに理解のある方であった。ほんとに感謝しております。ただ、店員さんも正直トッピングについて完全に把握してるわけではないのだろうから、基本的なオススメトッピングは書いていたらいいんじゃないかと思った。そしたらもっとスタバが好きになれると思う。

 あと株主優待券で普通のサイズを頼むと大きいのはいかがですか?とか色々珍しいのをオススメするよような仕組みになっているらしいのでその点は問題ないらしいです。はい。

ご協力頂いたのはスターバックス田町駅西口店
108-0014
東京都 港区 芝5-33-8 第一田町ビル
すごい感じがいいのでみんな行くがイイヨ。もう自分は行けないから。

by beam-column-joint | 2006-02-10 16:44 | diary  

査読用

もはや要塞。ガンダムもびっくりナリよ。
d0049137_143559100.jpg

by beam-column-joint | 2006-02-07 14:43 | college  

修論

一応載。409枚。周りと比較したら無駄に厚いことに気付く。
d0049137_14381564.jpg

d0049137_14382293.jpg

ちなみに封筒に入りませんでしたっていったら苦笑された。なんでじゃ。

by beam-column-joint | 2006-02-06 14:39 | college  

利き水

 ガキの使いでおなじみのこの「利き~」シリーズ。今日の昼飯の話題からなぜかこの企画をやろうという流れになってしまった。やるのは利き「水」。まあやりたいと言い出したのは自分なんですがね。先日デイリーポータルでも似た企画を見たのでどうしても。そんなわけでナチュラルローソンにひとっぱしりですよ。
 さてこれが参加選手(もとい水。H2O)。でてこいや!
d0049137_16212168.jpg

いや~写真でみるとすごい絵だ。もはやなんの研究室かわからん。
では一応紹介しよう。名前は写真左から順に以下の通りである。

 ①コントレックス      (OLに大人気。超硬水。これ飲食店で出てきたらキれる。)
 ②スプリングウォーター (初体験。独特のくせがある。)
 ③ボルビック        (定番。個人的に愛用。軟水。)
 ④バナジウム天然水   (割と新しいと思う。若干くせがある。軟水。)
 ⑤エビアン         (これも定番。安い。定番にしては珍しく硬水。)
 ⑥酸素プラス        (酸素入り。注ぐと変な泡が。軟水。)
 ⑦酸素の水         (酸素入りだが普通の水に近い。軟水。)
 ⑧南アルプス天然水   (和の定番か。軟水。)
 ⑨アクア           (初体験。酸素がどうとか言う以前に癖が強い。)
 ⑩オキシゲン        (炭酸水だった。失敗。高い。まずい。)
 ⑪クリスタルガイザー   (定番。名前がかっこいい。軟水。)

⑩を間違える奴は味覚障害で論外なので実質的に10種類である。実はその前に4種+水道水でやったのだが簡単(まあ自分ははずしたけど)らしいのでこうなった。

競技方法は基本的にガキの使いと同様。但し目隠しはなしである。つまり、こちらが選んだ水を飲み、その後自分で指名した水を飲む。そしてその水に対して判定を下していき、最終的に当てるというもの。正解ぽいものを先に選んでいくか、余計なものを消していくかは作戦次第ということ。

さて結果であるが・・・・結論からいうと誰もあてられないという結果になった。正答率0である。まあそらそうだという気もするが、個人的には自信があったので完全に打ち砕かれた。しかし、これだけではつまらないので、問題となる各水の特徴、難易度を上げている水等、今回おなかタポタポになるまでがんばって得られた知見を述べておこうと思う。そしてより良い競技として確立して欲しい(誰にだ)。

知見1:南アルプス天然水とボルビックは同じ水である?疑惑
d0049137_16432352.jpg

これは自分が出された問題なのだが。この2つにしぼることは出来だが最後にはずす。はずしたあと両方飲んでみたが、どう味わっても同じ水なのだ。もはやボルビックって日本にあるんじゃないか?とか浄水器が同じ製品なんじゃないか?とかいう意見が飛び交う。しかも満場一致。はっきり言わせてもらえば、最初から10種類といわずこの2種類だけでよかったと思う。それくらい難しい。この利き水という競技をやる人にとってはまず覚えるべき事柄であり、超えなければならないハードルだと思う。

知見2:コントレックスは基本的に使えない
d0049137_16513665.jpg

美容にいいらしい水コントレックス。これははっきり言ってこの競技に向いていない。なんせ硬度2ケタがスタンダードな中でこの水だけ4ケタなのだ。異質である。しかも飲んでみると鉱物っぽいというかざらざらする。個人的にはまずいと言ってもよい。ということで出題したら他のには手をつけずに当てられてしまうので最初からはずしてよいと思う。(若干1名ボルビックとこいつを最後まで残してはずした奴がいたが。なかなかやばいと思う。)

知見3:酸素系の水は意外に難易度が高い
d0049137_16582793.jpg

この手の水は最近の流行なのか。認識して飲むとたしかに空気っぽいが、なにも言わずに飲まされて「あ、これ酸素入ってる!」とかいうやつはほんどいないんじゃないか。特に真ん中の酸素の水は区別がつきにくく、天然水系と非常に近い味だ。ということでこれらの水を天然水に加えることで難易度はまた急激に増すと思われる。

知見4:舌は味より温度にうるさい
これは真理。正直味より温度で判定してた気がする。パックの種類によって温度にけっこう違いが出てしまうし、また、冷たいと味の判定が難しいと思う。ので厳密には全てのパックを机の上に一晩放置してからやるべきであった、のかなあとくやまれる。暇があればまたやるが。

知見5:洋モノ珍品系はくせがありすぎる
これは水に限ったことではないのかもしれないが。いい例が下の水。これはかがれただけでわかってしまうんではないか。飲んだ時も鼻に謎のにおいがくる。例えるならばアメリカのスーパーのにおいだ。ということで洋モノでしかも珍しいやつを入れる意味ははっきりいってない。
d0049137_17365120.jpg


知見6:浄水器の力は意外にすごい
 この競技をはじめる前には、4階の浄水器を通した水と通してない水という2品があったのだがこの違いはすごい。浄水器を通さない奴はカルキのにおいだけでばれるのに対して、浄水器の水は素直においしい。正直この結果が一番びっくりした。浄水器を通した本学の水はエビアンにせまるものがあった。エビアン危うし。というかエビアンって水道水な気が昔からしているんだけど自分だけか。
d0049137_17494236.jpg


知見7:読むんじゃない。感じろ。
どっかの中国人みたいだが、出題者の心理を読みすぎるのではなく、直感に頼れということ。自分はこれをせずに失敗した。そして、正解と思うものから飲んでいった方が良い。水は2種類飲んだらもう最初の水は覚えていないからである。というアプローチの面から得られた知見である。

知見8:水っておなかがふくれる
 正直この競技をやると気持ち悪くなる。意外に水は体に負担になっているんじゃないか。・・・・こんなオチで申し訳ない。

総括
 まあこんな感じで一日が過ぎて言ってしまった。意外に水によって違うものだと思う半面、これはわからん的な水も日本には存在する。しかし、温度に厳密性がかけるのでそこは修正してもう一度実行してみたい。そして水にはうるさいみたいな奴をギャフンギャフン言わして見たいものである。

by beam-column-joint | 2006-02-04 17:52 | college