<   2005年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

東京大仏

休日は紅葉見に東京大仏に行きました。東京に大仏があるのです。しかもわが板橋区に。
d0049137_13352625.jpg

正確には乗蓮寺というお寺に大仏があるのです。なかなか趣のある門です。
d0049137_13365738.jpg

これが大仏様。歴史は浅く自分より4つ年上かな。昔からちょこちょこ来てます。23区にこんなものあるなんて板橋区民以外いや、板橋区民でも知らない人いるくらいの知名度です。でも、この季節に来ると紅葉がきれいでいいです。タダで入れるのもいいですね。
d0049137_13382712.jpg

境内はこんな感じです。この閑散とした感じが好きです。人がいないのはいいことです。
d0049137_13395754.jpg

なかなかかっこいい。手洗うとこですね。モンハンを思い出すなあ。
d0049137_13405856.jpg

鯉です。黄金魚がいます。ここの鯉はすごい貪欲なのです。餌をあげられるのですが、あげるとベルセルクの人肉に群がる使徒のように寄ってきます。これがめちゃくちゃ楽しい。今回は閉門が近いということであげられませんでした。くそー。まさか4時閉門とは。

王様のブランチで取り上げられたのにこの閑散っぷり。さすがです。でも遠出しなくても田舎気分が味わえるナイスな区ってことが改めてわかりました。→東京大仏(乗蓮寺)案内

by beam-column-joint | 2005-11-28 13:51 | travel  

テストザネイション

テストザネイション・アプリ
最近の古館は見ていて頭に来るのだが、あんまりCMやってるのでやってみた。簡単適職チェック。自分の適職はコチラ。見づらいのでクリックしてみてください。
d0049137_11113134.jpg

地味ですかそうですか。ハブ捕り職人よりハメ撮り職人だろって思われてるんだろうな。まあそれ以上にショックなのは相方と結果が全く一緒だったってことだな。

by beam-column-joint | 2005-11-26 11:16 | TV  

構造計算書が偽造されたマンションに実際に行ってみる

 噂の構造計算偽装マンションのひとつ、芝浦2丁目マンション(仮称)が、自分の行動範囲のすぐそばにあることがわかったので、実際に行ってみる。偽装されたマンションの詳細はコチラに載っているので参照にされたい。で外観がこちらである。
d0049137_16533638.jpg
真ん中の縦長のマンションである。1つの階の丁度半分が1戸。10階建てで1階に住居はないので18戸。情報の通りである。さすがに中の写真を撮らしてもらうわけにはいかないので、エントランス部分を撮ってきた。
d0049137_16553637.jpg
2枚の写真を見てどうだろうか。あまりスケールがわからないのであれだが、なかなかきれいなアパートといった感じである。学生であるとはいえ、一応、建築の構造が専門である自分の印象としては、

 けっこうフツーだ
 
 隅の柱の太さも思ったより大きい。1階の壁量が少ないので、そこらへんのバランスの悪さが多少は気にかかるところだが、正直これで、建築の知識のない人が欠陥マンションと判断するのは無理かなと思う。しかも国土交通省の発表によれば、この建物は、規定の44%の耐力しかないらしい。そこまで低いのかYO。ちょっと信じられない数字である。まあ表しか見てないからあれだが、あまり見えない部分の操作が多いのではないだろうか。柱間隔、壁・床厚さ。一番考えられるのが、鉄筋の量。多分これだろう。危険な階が2~10階と住居部分にあるので、そちらの梁もしくは柱断面がいじくられていると思われる。だとすると相当悪質だ。まあどうやったって悪質だが。

 ちなみに、こちらのマンションを手がけたのはヒューザーではなく、シノケンの方である。ヒューザーの物件(これについてもそのうち書くが)の購入者については、正直同情しづれーと思っていたが、こっちはかなり同情する。というかあんまり住んでる人いない感じだったのでよかったが。本日説明会も開かれるようであるが、周りの住人はいい迷惑であろう。
(下が説明会の案内。今日じゃん。貼り出されているので載せても問題はなかろう。)
d0049137_175407.jpg
 

by beam-column-joint | 2005-11-24 17:07 | architecture  

マンガレビュー(2005.11)

だいぶたまったマンガの感想なぞ。()内は巻数。たまると書くのも一苦労なのだなあ。

d0049137_16122133.jpgシグルイ(5)
作者:山口貴由 連載紙:ヤングチャンピオンRED
 ベルセルク作者の三浦建太郎がヤングアニマルで『今一番おもしろい時代劇は、武蔵でも新撰組でもなく山口貴由のシグルイである』と言わしめた作品。まあ仲いいってのもあるんだろうけどそれくらいのおもしろさ。1Pめくるたびに汗がでます。今間違いなく一番楽しみなマンガ。まだたったの5巻しか出てないので今のうちに揃えたほうがヨロシ。(別に自分はバガボンドを否定しまへん)


d0049137_16173693.jpgスティール・ボール・ラン(6)
作者:荒木飛呂彦 連載紙:ウルトラジャンプ
 言わずと知れたJOJOの第7部。関連サイトが山のようにあるのでもはや説明はいらないだろう。ウルトラジャンプに移籍して質が非常に安定した。設定がうまく作用している。まさかそんな大物が絡んでるレースだったなんて。今更7部から読むってのに抵抗感が強いかもしれぬが、おもしろいことは間違いない。絵もだいぶ見やすくなったような。


d0049137_16212136.jpgワンナウツ(15)
作者:甲斐谷忍 連載紙:ビジネスジャンプ
 『そもそも野球とはギャンブルなのだ。160mのホームランを打とうが走者無しならそれはたった1点の価値しかないのに、ポテンヒットでも満塁時ならそれは2点の価値をもつ。それが野球。淡々と1点ずつ加えるサッカーなどとはわけが違う。もともと不公平。不条理。』以上本巻より。また急におもしろくなって見直した。アンチ野球マンガ→アンチ現在の野球界みたいな感じかな。


d0049137_16263872.jpg鋼の錬金術師(12)
作者:荒川 弘  連載紙:ガンガン
 子供っぽい。おたくっぽい。腐女子が読んでそう。中身がなさそう。・・・だいたい偏見。内容は意外と大人向きだし、暗い。ギャグの入れ方がうまいのであんまり暗い印象は受けないが。普通に良作だと思う。最近は展開もテンポが良く次巻が待ち遠しい。GOさん御用達。でも電車の中であんまり手を叩かないように。



d0049137_16305341.jpgホーリーランド(11)
作者:森 恒二 連載紙:ヤングアニマル
 ドラマ化もした路上格闘マンガ。主人公が内向的な性格なところがよい。それぞれの技に一応理屈と解説がついてるもよい。しかし最近は敵役がいまいちな感じがしてならない。そのせいで盛り上がりに欠けていると思う。柔道、空手、レスリング、剣道ぐらいまではよかったのに。そろそろ相撲か?



d0049137_16371271.jpg皇国の守護者(1)(2)
作者:伊藤 悠  連載紙:ウルトラジャンプ
 原作は別にある。軍隊ものってすきなんだけどいまいち作戦とか布陣とかわかりづらいものが多い。この作品はその点わかりやすいし絵も構図もうまい。主人公の性格悪いところも気に入った。しかし昭和の装備なのに龍が出てくる世界観には少し違和感がある。というかご都合主義な感じが少しする。まあ充分おもしろいがなんかな。


d0049137_16411072.jpgクレイモア(9)
作者:八木 教広 連載紙:月刊ジャンプ
 ベルセルクの女剣士版てとこか。人間心理を描くのがうまいし、展開もちょくちょく予想を裏切られることもあってつい買ってしまう。時間潰し系。登場キャラが女ばっかだからいい加減見分けがつかないのが難点。




d0049137_16433751.jpgヴィンランド・サガ(2)
作者:幸村誠 連載紙:マガジン→アフタヌーン
 ヴァイキングの話(かな)。普通におもしろいけど、自分が幸村誠に求めてるのはこういうおもしろさなのか?という気がしてしまう。絵もプラネテスと比較したら・・・・。ストーリーも今やってるところまでは、ほんとにストレートだし。月刊誌に移ってから期待してます。登場キャラの個性はよい。特にアシュラッドはかっこいい。



d0049137_1648971.jpgY十M(わいじゅうえむ)(1)(2)
作者:せがわまさき 連載紙:ヤングマガジン(だっけか?)
 作者も原作もバジリスクの人。映画化もされてたな。しかし本作は予想以上につまらぬ。バジリスクは、展開もはやいしキャラが最初から強いので、良い時間つぶしマンガであったがこれは・・・・。じゅうべえ以外ただの女の子じゃあなんかなあ。原作あるからしょうがないけどこれは失敗だと思うよ。即売り。

by beam-column-joint | 2005-11-22 16:57 | manga  

在来木造住宅震動台実験

またupされてました。今度のは素直にすごい!!倒壊しますよ。
大都市大震災軽減化特別プロジェクトⅡ
動画ダウンロードしてみてください。いやーすごいおもしろい。満足です。
d0049137_196654.jpg

by beam-column-joint | 2005-11-21 19:07 | architecture  

構造計算書偽装の件について

国土交通省による現在までの情報

 先日対外ゼミの後の飲み会は当然この話題。裏でもないがけっこう詳細な話が入ってくるものだ。以下は一応その分野に所属している学生が思ったことの殴り書きです。無理に読まなくていいです。建築分野以外の方は気分悪くなります。

 国土交通省は一ヶ月前からこの件については調査していたらしい。意外と表にでないものだ。現在の設計では、構造計算は全てプログラムで行われる。そうなると偽装の方法としてプログラムを改竄するという方法が考えられるが、そうではないらしい(国土交通省はまずこの裏をとったらしい)。そうなると偽装の方法っていうのはかなりアナログなものということになる。例えば外力と応力の結果が違う断面で算出されたものだとか、後でその結果を切り貼りしたとかそういうことになる。まあ、なにが言いたいかというと偽装工作自体がすんごい杜撰ということ。

 設計者の姉歯氏の態度は無責任とか他人事のようであるとマスコミに叩かれているが、気持ちは理解できないことはない。無論やったことは許されることではないが、生き残るためにはこれしかなかったって感じが伝わってくる。現在、建築費は縮小化の一途である。安くしないと売れないのだから削るところは削りまくる。構造設計事務所なんてどんどん潰れている。そうなると生き残る方法の一つとして、建築費が安くなるような設計をすることだ。そうすればディべロッパーからの仕事がくる。エスカレートすれば今回のような違法な断面になる。人間てのは心が弱いから、生きていくためにはそういう手段をとることも考えられる。それを防ぐための検査機関だろう。マスコミとかコメンテーターは現実を知らないくせに安易な考えを垂れ流しすぎだ。叩くならもっと姉歯の上を叩け。

 (以下の例は確実な情報とはいえないが)例えば、震度5強で壊れるという13階のマンションの1階の柱断面は800mm×800mmらしい。まあ強度を高めてたらって話もあるが、1級建築士(学生でも)ならこの寸法見ただけで普通はおいって思うはずだ。だって1級建築士の試験前に低層RCの図面くらい書くのだから。だいたい3階建てで700mm×700mmってとこだから普通にびっくりだ。検査機関のイーホームズは逆ギレ状態だったが、それは責任逃れで、まあ確信犯かよほどの馬鹿ということで、責任をとらされるのは間違いないだろう。とっとと潰して責任を取れ。(こういう事態になると民間が審査させていいのかっていう話になるが、現実問題として一般的な住宅まで国なり独法がやるのは無理。規制緩和はこういう事態を必然的に生むのだ。無論、今の検査制度自体に変更する点はでるだろうけど。)イーホームズはここ言い訳報告はこっち


 ディベロッパーのヒューザーも以前から評判は悪かったらしい。だいたいフジテレビの生放送中に『責任はとります』なんてFAX送るあたりが最悪にくせえ。法律的にみたら払うの当たり前だろ。ちなみに、話題のマンションは建替えに36億円かかるらしいが払えるんですかね。

 以下は、住人(とかマスコミの報道)に対して。かわいそうで理不尽だとは思うが、それくらい高い買い物なのにちょっと不勉強ってこと。そんなに耐震性にこだわるなら違う会社に構造計算させてみればいい。ちなみに最近の低価格マンションにそんな高品質期待しても無理。だいたいのマンションは震度6強で大破するのだ。実は、あの阪神大震災以降も、建築の分野に関しては安全率の増加等の措置はなされていないし、最近の設計法の流れとしては、どんどん経済効率重視になってきてる(この流れについては個人的には非常に疑問だと思う)ので気をつけた方がいい。

 つまり一番言いたいのは、現在の設計はそんなに完璧なものじゃないよってこと。大地震時には、建物は壊れても人命だけは護る、っていうのが現在の設計のスタンスだ。報道や一般の人の意見からは、普通の建物は大地震が来ても壊れないみたいな勘違いがプンプンするが、そこのところを理解した上で考えてもらいたい。少しは疑うとか調べるってことを覚えてくれ。だって何千万の品物だよ。無論だました方のヒューザーとかのディベロッパーは最低だと思うけど。と一般の方から見たら怒られそうな事を、考えちゃうわけわけなんですが、とりあえず殴り書きしときました。
d0049137_1803990.jpg

by beam-column-joint | 2005-11-20 22:44 | architecture  

ハウルの動く城 続・初回特典

軽く更新。ヤフオクが祭りです。

ハウルフィルム

やっぱフィルム欲しい人は欲しがるんだろうなあ。ハウルとソフィーの組合せが高そう(40000ってあなた)。自分のカルシファーはただ燃えてる地味なシーンだからなあ。他のキャラ写ってないし。売る気さらさらないけど、これで儲けようとするやつはいるんだろうな。

by beam-column-joint | 2005-11-18 16:39 | movie  

ハウルの動く城 初回特典

ほんとは通常版を買う予定だったのに・・・・・おまけ(初回特典)みたらつい高い方にしてしまった。値段は2倍くらい違います。ちなみに中身はこんなん。
d0049137_21585010.jpg

要は特典DVDがあるから高いんですね。まあしょうがないか。で、右の小さい箱が特典らしい。透明なプラスチックの中に映画館で実際に使われていたフィルムが入っているんです。なかなかおしゃれですねい。これ・・・みんな中身のフィルムは違うんですかね?ちなみに自分は、カルシファーでした。ラッキー。こいつが一番好きなので高い買い物してよかった。ハウルの内容については、きちんとした文章にして後日書く予定です。今はあさってのゼミと中間発表の準備をせねば。

後で調べたら
フィルムは別に高い方にしなくても予約してれば付いたらしい。予約してないけど。きー。

by beam-column-joint | 2005-11-17 22:02 | movie  

バンドーテクノフェア

とまあよくわからんフェアに強引に連れていかれました。バンドー化学っていうベルト(コンベア)とかゴムの老舗。最近までは免震ゴムなんかもつくってました。全く興味なかったんですが、ロボットショーみたいなのをやっててそれがけっこうおもしろかった。何故か宙ぶらりんになった少年を救出する2人のレスキュー隊員(ロボット)。
d0049137_16361486.jpg
d0049137_16363093.jpg
d0049137_16381522.jpg
おお。ちょっとすげー。動きがダンサーみたいで怪しいけど。
d0049137_16372538.jpg
d0049137_16373796.jpg
あれなんか子供の扱い雑だな。しかも片方いまいち役になってないし。さて脱出。
d0049137_16392233.jpg

失敗!

しかも仲間置いていっちゃうし(笑)。ロボットとか人形って感情が顔に出ないからこういうことになると笑えます。高度なオーマイキー見てるみたいでした。

 あと写真に写ってないけど研究者がロボット持つ時、アソコを3本指で持ちながら、乳首のとこいぢって(そこにスイッチがあるんだろうけど)て爆笑してしまいました。今思うとすげー失礼だったなあ。でもあの持ち方はないよ。

by beam-column-joint | 2005-11-15 16:46 | college  

伝統木造住宅震動台実験

たまには専門(ちょっと外だけど)分野の話題。興味深い動画を見つけたのでどうぞ。
(再配信のところからダウンロードできます)
木造建物実験・実大震動実験・ライブ配信
d0049137_18544071.jpg


とりあえずでかっ!!( ゜Д゜)

人がゴミのようだ。って世界一の振動台らしい。前にも紹介した独立行政法人 防災科学技術研究所の最近出来た施設で場所は兵庫。試験体は京町屋ですね。要は耐震補強したものと、してないものとの耐震性能の違いをみるってことですか。動画はフツーに楽しめます。

以下マニアックな話

でも、正直よくわかんないんですよねこれ。多分京町屋だと庭面の壁量が少ないからそれを補正してるとは思うんですが、具体的にどこが違うのか。金物はよく見えないし。あと入力波も400galってことなんですけど、阪神大震災の時よりはだいぶ小さいし、それだけの情報だとなんとも。で揺れみてるとどうも周期が長い波のような気もするし。もうちょい詳細情報が欲しい気もします。まあ見てる分だけでもおもしろいですけどね。いいなーこういうでかい実験できるところは。

by beam-column-joint | 2005-11-13 19:08 | architecture